メニュー

「疾患に対する院長の独り言」

体温(平熱が低い) (2024.06.03更新)
 体温が37℃(小児では37.5℃)を超えれば「発熱した」と考え、「なんらかの病気ではないか」ということで医療機関を受診されることもあるかと思います。それはそれで大事なことです。一方で、平熱が35℃台… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME