メニュー

不妊気味と考えられた方が妊娠されました

[2021.05.27]

先日うれしい出来事がありました。

 

1か月半前頃に、「『どこがどう』というわけではないけれど」という感じでしたが、なんらかの不調を訴えて30代の女性が来院されました。お聞きしますと、ご結婚5年以上経過し、赤ちゃんが授かられていないとのこと、一度妊娠されたそうですが流産してしまったことがあるそうですが。

 

診察させていただき、東洋医学的には「陰虚」といわれる、簡単に言えば水分が体に少なくなっているような状態と判断しました。そのため、その状態を改善しうる可能性のある漢方薬を処方しました。

 

その結果、1日にときには2リットルもの水分を飲まれていたような状況でしたが、飲水量も少なくなり調子も上向きとのことでした。

 

最初にお会いした時に、「全身状態が改善傾向に向かえば妊娠されるかもしれません」申し上げたのですが、なんと妊娠されたとのこと、これは漢方薬で調子が良くなった母体だからの結果なのか、たまたま時期が一致したのかわかりません。

 

いずれにせよ、新しい命が芽生えたことはうれしいことです。ただし、妊娠初期でもあり、状態に大きな問題がないこともあり漢方薬はすべて中止しました。

 

*よろしければ「疾患に対する院長の独り言」の中の「「不妊症、不妊治療」について」もお読みいただけ  れば幸いです。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME