メニュー

子供さんの肌荒れ

[2021.06.11]

 同じような時期に、二人の子供さん(お二人とも3歳)が来院されました。お二人とも、四肢や躯幹に多数の湿疹があり、それらは楕円形で少しカサカサした感じで、見るからに痒そうな感じでした。ただ、アトピーと思われるような感じでもありませんでした。(年齢的にまだ典型的なアトピー性皮膚炎と思われるような状態にはならないのかもしれませんが)お1人は、手のひらもガサガサで、皮膚も少し分厚くなっていました。

 

 お二人とも1年以上皮膚科へ通院され、ステロイドの入った塗り薬を処方されていましたが、あまり改善しなかったようです。

 

 このような場合、漢方薬をお飲みいただくことができれば改善できる可能性は大きくなると考えていますが、なにせ3歳の子供たちで飲んでくれるような気がしませんでした。しかし、何とかしてあげなければという思いはあります。私の前でもポリポリと体を描きつづけているのですから。

 

 このような場合、私は「漢方薬を飲むという習慣をつけていただければなんとかなるのでは、そして飲む習慣ができれば苦いものでも飲んでくれるのではないか」と考え、飲みやすいと思う漢方薬を最初に一時期飲んでいただき経過をみることをします。

 

 今回も、そのような観点で「小建中湯」と「甘麦大棗湯」を少量ずつ飲んでいただき1週間様子をみることにしました。とりあえず飲みやすい味でと考えての処方です。もちろん、少しは皮膚にいいのではないかとも考えましたが。

 

 お二人とも、1週間漢方薬を飲んでくれ再来院されました。そうすると、「あのお薬がこれほども効果があるのか」と私も驚くぐらい皮膚の状態が改善していました。ステロイドもあまり塗らなくても痒がらなくなったようです。上手に方向付けをしてあげることができれば、子供の持つ自然治癒力でこれぐらいになるのだということも知りました。

 

 このようなお薬を見つけてくださった先人の方たちに感謝するとともに、このようなお薬の材料が天然にあるという地球の不思議を再認識しました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME